柔道整復師が知っておくべき不正請求マニュアルDVD

今回、柔塾よりお届けするDVDのテーマは『不正な請求から学ぶ正しい保険請求』です。

柔道整復を行い療養費を請求するには、定められた規約を遵守しなければなりません。

しかし、その規約は想像以上に複雑であり、思いもよらない部分で不正な請求に手を染めてしまっている現状があります。

どんなに無意識であっても不正な請求は処分対象となり、最悪の場合保険請求の取り扱いを中止され、受け取った療養費の返還命令が下されることとなります。

では、どうすればこれらの危険性を防ぐことができるでしょうか?

もっとも最短かつ効果の高い方法は「不正処分された柔道整復師から学ぶ」ことです。

違反者が罰せられるのは当然のことですが、違反者の不正な請求の事例には保険請求のヒントが数多く隠されています。

なぜなら、療養費の支給権利のある行政、保険者が直接公開、発信している情報だからです。

これほど正確で確実なものはありません。

違反者による不正な請求を「反面教師」として学ぶことで、あなたの保険請求は劇的に改善し、より確実なものになるでしょう。

このDVD教材では、不正な請求とはどんなものかを基礎から詳細に解説し、明日から使える様々な対策方法の知識を身につけることができます。

ぜひ、今後の接骨院・整骨院経営にお役立て下さい!!

このDVD教材には、確かな情報に裏付けされた“生きた知恵”が詰まっています。

もちろん2019年療養費改定に完全対応しておりますので、最新の情報を手に入れていただくことができます。

※音声が出ますのでご注意ください。

療養費の取り扱いと同様に、その違反行為も想像以上に奥が深いものです。

まずは、不正な請求とはどんなものか?どのようなものを指すのか?を再確認し、学びを深めていただくための原理原則を解説します。

療養費の支給が扱えるのは柔道整復師だけではありません。しかし、柔道整復師ばかりが注目されている傾向があります。

もちろん財政難による医療費削減、医療資格者からの圧力なども考えられますが、根本的に改善しなければいけない事があります。

これらの業界情勢をより詳細に解説いたします。

不正発覚のきっかけは「事前」と「事後」があることを知っていますか?

これら2つの経路を中心に「見込み申告者」の分類や実際の処分までの流れを解説いたします。

普段何気ない会話で使用している「不正請求」という言葉は、不正な請求の分類の一つであり、実際には不正請求のほかにもいくつかに分類することができます。

それぞれの特徴と内容について解説いたします。

実際に不正請求を行ったとして処分された資格者の情報は非常に貴重です。

これらの情報をまとめていると、ある一定の法則を確認することができました。

その内容を詳しく解説いたします。

ほとんどの人は「架空請求」や「付増請求」などと答えますが、実際はこのような不正行為はほんの一部です。

誰もが一度は経験するかもしれない・・・そんな落とし穴を解説いたします。

「自分に限って・・・」と思っていても、申告などにより疑義があればある日突然に調査されることも少なくありません。

決して人ごとではない不正調査に対する様々な対策法を、詳しく解説いたします。

講師プロフィール

樋口 弘明 ひぐち ひろあき

柔道整復師

株式会社ほねきん 代表取締役

柔道整復師のための情報サイト 柔塾【やわらじゅく】 代表

21歳より接骨院、整骨院に勤務し、開業から閉院まで、柔道整復全体に関する事業に携わる。

兵庫県にある施術所では、1日平均来院数260人、毎月のレセプト枚数は平均800枚以上という超大型の整骨院で総務主任を経験。

その後、大阪府など合計9つの施術所に勤務し、施術経験のほか、新人教育や療養費請求のレセプト処理、Webや紙媒体による広報などを担当する。

現在は独立し、業界に役立つ様々な情報やコンテンツを発信、提供する活動を実施。自身が代表として運営している 柔道整復師のための情報サイト 柔塾【やわらじゅく】は、数少ない業界専門サイトとして多くの柔道整復師に定評がある。

また、第一線で活躍する治療院コンサルタントのビジネスパートナーとしても活動し、業界人との情報共有も盛んに取り組んでいる。

「これって、知らないとヤバイんじゃないの?」という内容が満載で愕然としました。明日から必ず実践するようにします。

兵庫県 O・S先生

これだけ多くのルールを認識して対策するのは大変だと思いましたが、すべて実践すれば正々堂々と保険請求できるようになるなと確信しました。

大阪府 H・K先生

対岸の火事と思っていてはダメですね。自分の意識の低さを正し、地域医療に貢献していきたいと思います。

千葉県 A・M先生

「不正から学ぶ」という逆転の発想でしたが、とても分かりやすかったです。今年開業したばかりの私にとって、今回の対策は非常に参考になりました。

愛知県 N・Y先生

不正請求の対策も勉強になりましたが、柔道整復師に今後も保険治療を扱ってほしいという熱い想いがとても伝わる内容でした。

兵庫県 H・M先生

特典01セミナー時に配布した各種資料一式をPDFデータにてご提供

このDVD教材は、映像をご覧いただくだけでもお役立ていただけるよう撮影をしております。

しかし、映像では見えにくかった資料もあり、何よりも実際に手元にとって見ていただきたい資料がございます。

そこで、今回セミナー時に配布した様々な資料をご提供いたします。

それぞれの資料は、PDFファイルにて作成しておりますので施術所のプリンターを利用して印刷していただくことができます。
※ 資料CDに保存してお届けします。

特典02実際にセミナーで使用したパワーポイント54枚分の補足テキスト

さらに今回は、セミナー参加者にしか配布していない、補足テキストも小冊子にしてプレゼントします。

テキストはセミナーと同様に、重要な項目は参加者で記入できるよう「空白」になっています。

DVD教材を見ながら必要に応じてメモを取ることで、知識の定着とノウハウを吸収するスピードは格段にアップするでしょう。

このパワーポイント資料を活用して、DVD教材によって得られる効果をより一層高めて下さい。

特典03不正レベルを確認できる「特製チェックシート」をご提供

誰もが不正な請求をする前提で保険請求を取り扱っているわけではありません。

ただ「対策と言われてもよくわからない・・・」という先生のご要望にお応えして、今回のDVDの内容を簡潔にまとめた特製のチェックシートをご用意いたしました。

具体的な指針があれば、今まで以上に意識を持って対策を行うことができるかと思います。

非常に便利ですので、ぜひご活用下さい!

特典04DVD教材の内容に関する特別メールサポート【30日間】

私宛のメール相談は日頃から多数いただいており、無償での個別対応は業務上お断りしています。

これはお付けしようかどうか正直迷ったのですが、今回あなたに確実に知識を習得いただくため、特別にお付けすることにしました。

あなたがDVD教材を見ても分からないことが出てきたら、直接樋口にメールで30日間質問できるというものです。(教材内容に限る)

質問内容によっては、あなたの施術所管轄の行政に私が直接問い合わせをし、可能な限り的確なご返答をいたします。

このDVD教材をご覧いただければ、短時間で効果実証済の知識を確実に得ることができます。

『 柔道整復師にとって必須の情報が簡単に手に入る。』

知識の習得に取り組んでいるあなたでしたら、これがいかに費用対効果の高いものなのか理解できるはずです。

この機会にぜひ、手に入れていただきたいと思います。

ご提供価格 39,800円 (消費税込、送料無料)

教材価格
【本教材】
不正請求マニュアルDVD
39,800円
【特典1】
各種資料PDFデータ
非売品
【特典2】
パワーポイント54枚分の補足テキスト
非売品
【特典3】
不正請求特製チェックシート
非売品
【特典4】
特別メールサポート【30日間】
非売品
合計39,800円

私が『柔道整復』という業界に携わって、今年で15年目になりました。

この教材は私のノウハウの集大成であり、15年という歳月を経て完成したと言っても過言ではありません。

あなたにも当然、情報を収集し試行錯誤しながら独力で学ぶ、という選択肢はあります。

ただしその間ずっと、無知ゆえに違法な行為を繰り返している可能性があります。

これは「知らなかった」で済まされるものではありません。

柔道整復師として療養費を取り扱う以上、知っていて当然のものだからです。

私自身が当時の自分に戻ったとして、もしこういう機会があったら、、、

おそらく他の教材をキャンセルしてでも申し込んでいるでしょう。

今の時代「情報」や「知識」というのは大きな力を持ちます。

これは、あなたを守る楯にもなり、繁栄をもたらす槍にもなります。

もしあなたが「余計な遠回りをしたくない」「効果実証済みの知識を手に入れたい」という向上心の強い人でしたら、ぜひお申し込みください。



申込みフォーム
商品 柔道整復師が知っておくべき不正請求マニュアル 39,800円(消費税込、送料無料)
※商品をご確認の上、チェックを入れて下さい。
支払方法 代金引換(別途手数料400円)
クレジットカード決済(手数料無料)
※いずれの決済も送料は無料です。
氏名  
例)山田 太郎
ふりがな  
例)やまだたろう
郵便番号  
※半角英数 例)123-4567
都道府県
住所  
※建物名もご記入下さい。
Eメール  
※半角英数 連絡の取れるEメールをご入力ください。
Eメールチェック  
※コピー・貼付は不可
電話番号  
※半角英数 例)03-1234-5678
申込規約

確認 申込規約に同意します。