柔道整復師が知っておくべき保険請求7つの心得

今回、柔塾よりお届けするDVDのテーマは『柔道整復師が知っておくべき保険請求7つの心得』です。

2018年も残り少なくなってきました。2019年3月3日には、平成最後の柔道整復師国家試験が施行されます。

現在では、毎年4000名ほどの柔道整復師が誕生し、全国で約1500の接骨院・整骨院が開業しています。恐らくあなたも「治療院が増えたな…」と感じているのではないでしょうか?

資格者数・施術所数が増えると、残念ながら不正による違反者も増加します。行政はこれ以上違反者を増やさないために、療養費改定によって要件を追加し請求内容の透明化を図っています。

必要事項をしっかり記載しても返戻や疑義対象となる場合もあるため、きちんと支給されるまで予定以上の時間がかかることも。

そんな中「自分の保険請求だけは助かりたい…」と考える方もいるかと思います、これは誰もが考えることであり、何も恥ずかしいことではありません。

しかし、ただ助かりたいと思うだけではダメです。円滑な保険請求を実現するためのポイントを押さえる必要があります。

それが、今回のDVDでお伝えする『7つの心得』です。

2019年、安定した保険請求を実現していただくために必要な療養費の在り方や向き合い方などを7つに分類して詳細に解説いたしました。

  • 今は大丈夫だが2019年の対策を学びたい…
  • スムーズに保険請求できる方法を知りたい…
  • 柔整業界の保険請求がどうなるのか気になる…
  • 保険請求の取扱い方を深く知っておきたい…
  • 保険請求7つの心得という内容に興味がある…

上記のようなお悩みがある場合は、ぜひこのDVD教材で学んでいただき、今後の接骨院・整骨院経営にお役立て下さい!!

このDVD教材には、確かな情報に裏付けされた“生きた知恵”が詰まっています。

もちろん2019年における柔道整復師に係る関係法規に完全対応しておりますので、最新の情報を手に入れていただくことができます。

※音声が出ますのでご注意ください。

柔道整復師が取り扱う保険請求は療養費というものですが、日本には2つの医療保険があることを知っていますか?それぞれの医療保険の在り方を理解することで、療養費への考え方が一変するはずです。ぜひこの機会に理解してください。

保険請求の効率化を図るには、まず柔道整復師が絶対に知っておくべき2つの要件があります。
この2つを常に考えながら保険請求業務をすることで、ほとんどの請求内容は改善することでしょう。その内容をお伝えいたします。

保険請求の経験が長い柔道整復師ほど、請求内容に共通した特徴があります。
この特徴は保険者がとても嫌うものであり、もしあなたが2年以上保険請求事務をしているなら、該当する可能性がありますので必ず確認してください。

最近、注意すべき項目として挙げられる 部位転がし・長期施術・頻回施術など。
これらはその行為自体が違反ではありません。不正な請求だと判断されるタイミングや要件を満たしていない事が原因なのです。その対策を解説いたします。

療養費の算定料は減免超過できないため、院経営として施術効果はそのままに施術時間を短くすることが最重要課題となります。そんな中、行政が考える柔道整復師の施術時間があることをご存じでしょうか?その内容をお伝えいたします。

患者様の来院から療養費の支給完了までの一連の流れを7つに分解し、それぞれで重要なポイントを細かく解説いたしました。2019年の保険請求を安定させるために必須の考え方となりますので、ぜひこの機会に学んでください。

講師プロフィール

樋口 弘明 ひぐち ひろあき

柔道整復師

株式会社ほねきん 代表取締役

柔道整復師のための情報サイト 柔塾【やわらじゅく】 代表

21歳より接骨院、整骨院に勤務し、開業から閉院まで、柔道整復全体に関する事業に携わる。

兵庫県にある施術所では、1日平均来院数260人、毎月のレセプト枚数は平均800枚以上という超大型の整骨院で総務主任を経験。

その後、大阪府など合計9つの施術所に勤務し、施術経験のほか、新人教育や療養費請求のレセプト処理、Webや紙媒体による広報などを担当する。

現在は独立し、業界に役立つ様々な情報やコンテンツを発信、提供する活動を実施。自身が代表として運営している 柔道整復師のための情報サイト 柔塾【やわらじゅく】は、数少ない業界専門サイトとして多くの柔道整復師に定評がある。

また、第一線で活躍する治療院コンサルタントのビジネスパートナーとしても活動し、業界人との情報共有も盛んに取り組んでいる。

関係書類の重要性や保険者の視点からお話しを頂けたこと。しっかりと明日から自分は何をしないといけないのか明確になりました。ありがとうございました。

京都府 K先生

保険者は敵だと感じていましたが違うのですね。保険請求の仕組みや保険者の考えなど明確になりスッキリしました。今後の申請に自信を持てる気がします。

兵庫県 A先生

全ての内容が良かったです!患者様に対してどういう説明をするか、どうサポートしていくかを知れたので良かったです。今までの保険請求の考え方が変わりました!

大阪府 O先生

広範囲に及ぶ内容を「7つの心得」として分かりやすく説明いただき、自分に足りなかった療養費の根本の考え方を見直すことができ明日から活かせる内容で良かったです。

大阪府 M先生

過去の自分が今を守り、今の自分が未来の自分を守る。というお言葉が真髄かと感じました。保険者にも患者にも信用される治療者としていきたいです。

兵庫県 S先生

特典01セミナー時に配布した各種資料一式をPDFデータにてご提供

このDVD教材は、映像をご覧いただくだけでもお役立ていただけるよう撮影をしております。

しかし、映像では見えにくかった資料もあり、何よりも実際に手元にとって見ていただきたい資料がございます。

そこで、今回セミナー時に配布した様々な資料をご提供いたします。

それぞれの資料は、PDFファイルにて作成しておりますので施術所のプリンターを利用して印刷していただくことができます。
※ 資料CDに保存してお届けします。

特典02実際にセミナーで使用したパワーポイント68枚分の補足テキスト

さらに今回は、セミナー参加者にしか配布していない、補足テキストも小冊子にしてプレゼントします。

テキストはセミナーと同様に、重要な項目は参加者で記入できるよう「空白」になっています。

DVD教材を見ながら必要に応じてメモを取ることで、知識の定着とノウハウを吸収するスピードは格段にアップするでしょう。

このパワーポイント資料を活用して、DVD教材によって得られる効果をより一層高めて下さい。

特典03DVD教材の内容に関する特別メールサポート【30日間】

私宛のメール相談は日頃から多数いただいており、無償での個別対応は業務上お断りしています。

これはお付けしようかどうか正直迷ったのですが、今回あなたに確実に知識を習得いただくため、特別にお付けすることにしました。

あなたがDVD教材を見ても分からないことが出てきたら、直接樋口にメールで30日間質問できるというものです。(教材内容に限る)

質問内容によっては、あなたの施術所管轄の行政に私が直接問い合わせをし、可能な限り的確なご返答をいたします。

このDVD教材をご覧いただければ、短時間で効果実証済の知識を確実に得ることができます。

『 柔道整復師にとって必須の情報が簡単に手に入る。』

知識の習得に取り組んでいるあなたでしたら、これがいかに費用対効果の高いものなのか理解できるはずです。

この機会にぜひ、学びを深めていただきたいと思います。

ご提供価格 39,800円 (消費税込、送料無料)


今回、柔塾のサイトをご覧いただいたあなたへ特別価格をご提案いたします。

本DVD教材は、先着50名様までのお申込みに限り特別価格(15,000円引き)にて手に入れることができます。

39,800円特別価格 24,800円 (消費税込、送料無料)

ただし、先着50名様に達した時点で受付を終了いたします。

教材価格
【本教材】
保険請求7つの心得DVD
39,800円
【特典1】
各種資料PDFデータ
非売品
【特典2】
パワーポイント68枚分の補足テキスト
非売品
【特典3】
特別メールサポート【30日間】
非売品
合計39,800円 → 特別価格24,800円

私が『柔道整復』という業界に携わって、今年で15年目になりました。

この教材は私のノウハウの集大成であり、15年という歳月を経て完成したと言っても過言ではありません。

あなたにも当然、情報を収集し試行錯誤しながら独力で学ぶ、という選択肢はあります。

ただしその間ずっと、無知ゆえに日々の売上を減らしている可能性があります。

これは「知らなかった」で済まされるものではありません。

柔道整復師として院経営をする以上、知っていれば必ず役立つものだからです。

私自身が当時の自分に戻ったとして、もしこういう機会があったら、、、

おそらく他の教材をキャンセルしてでも申し込んでいるでしょう。

今の時代「情報」や「知識」というのは大きな力を持ちます。

これは、あなたを守る楯にもなり、繁栄をもたらす槍にもなります。

もしあなたが「余計な遠回りをしたくない」「効果実証済みの知識を手に入れたい」という向上心の強い人でしたら、ぜひお申し込みください。



申込みフォーム
商品 柔道整復師が知っておくべき保険請求7つの心得DVD 【特別価格】24800円
※商品をご確認の上、チェックを入れて下さい。
支払方法 代金引換(別途手数料400円)
クレジットカード決済(PayPal、手数料無料)
※いずれの決済も送料は無料です。
氏名  
例)山田 太郎
ふりがな  
例)やまだたろう
郵便番号  
※半角英数 例)123-4567
都道府県
住所  
※建物名もご記入下さい。
Eメール  
※半角英数 連絡の取れるEメールをご入力ください。
Eメールチェック  
※コピー・貼付は不可
電話番号  
※半角英数 例)03-1234-5678
申込規約

確認 申込規約に同意します。